羽生結弦 引退なぜ決意した?その後の活動予定はプロ転向?

▶スポーツ選手

フィギュアスケート男子の羽生結弦選手が2022年7月19日17時から、自身の「決意表明」に関する記者会見をすることが話題になっています。

羽生結弦選手は何故現役引退を決意したのでしょうか?

その理由や今後の活動予定のプロ転向とはどういうことなのか気になりますね!

そこで今回は、

  • 羽生結弦選手は引退をなぜ決意した?理由は?
  • 羽生結弦選手 その後の活動予定はプロ転向?

と題し、リサーチしていきたいと思います。

それでは早速本題です。

羽生結弦選手は引退をなぜ決意した?理由は?

羽生結弦選手が引退を決意した理由の一つとしては、「プロ転向」にあるといわれています。

また、2022年2月に開催された北京五輪の頃から、

世間では「羽生結弦選手が引退するのではないか?」と囁かれることがありました。

その理由としては、下記のようなものがあげられます。

次で順にみていきましょう。

出典:Twitter

2022年北京五輪「挑戦しきった五輪だった」

羽生結弦選手は、2022年2月に開催された北京五輪フィギュアスケート男子ショートプログラムで

ミスがあり最初8位と出遅れますが、最終プログラムでは4位という結果になります。

その際、下記のように話しています。

正しい努力もしてきたと思うし、自分が考え得る全てをやってきた。これ以上ないくらい頑張った。挑戦しきった五輪だったと思う
引用:読売新聞オンライン

羽生結弦選手の中で力を出し切ったんだという気持ちが伝わります。

出典:Twitter

また数日後のインタビューでは下記のようにも話していました。

このオリンピックが最後かと聞かれたら分からない。4回転半を降りたいなっていう気持ちは、もちろん少なからずあって、自分のプログラムを完成させたいという気持ちもある。自分のアクセルは完成したんじゃないかって思っている自分もいる。正直混乱しているんですけど、でも、これからも、羽生結弦として、羽生結弦が大好きなフィギュアスケートを大切にしながら、極めていけたらいいなと思います。
引用:読売新聞オンライン

上記発言を聞くと、羽生結弦選手自身

とても自分の中で気持ちが整理しきれていない様子が伺えますね。

その中でも、「フィギュアスケートを大切に」していきたい、

極めていきたい」思いも強くあることから、

北京五輪の頃から、現役引退やプロ転向はどこかで考えていた可能性がありますね。

フィギュアスケート界の年齢の限界

フィギュアスケート界は、多くの選手が20代で引退しており、

スポーツの中でもあまり選手生命が長いほうではないといいます。

そのような中で、日本の選手は年齢的に高い傾向にあるとのことです。

2022年時点で羽生結弦選手は27歳であることから、

年齢的な限界も視野に入れていた可能性はありますね。

羽生結弦選手 その後の活動予定はプロ転向?

羽生結弦選手が現役引退を表明しているとの報道と共に入ってきたのが「プロ転向」の意向があるというものです。

現時点でわかっていることは、

  • 今後は競技会に出場しない
  • クワッドアクセル(4回転半ジャンプ)が世界初認定された2022年2月の北京五輪後、去就(=去ることとつき従うこと)を名言してこなかったので、2022年7月19日記者会見で報告
  • 日本スケート連盟の「特別強化選手」だが、最上位の強化指定を辞退
  • 羽生結弦選手が座長のアイスショー創設の夢を叶える

これらのことを踏まえると、

羽生結弦選手の現役引退は残念でありながらも、

フィギュアスケート界においてアイスショー創設などやりたいことがあることに、

期待の声が多くあがりそうですね!

出典:Twitter

そもそも、これまでの羽生結弦選手プロ転向とではどのような違いがあるのでしょうか。

実はフィギュアスケートでいう「プロに転向」とは現役引退を指し、

ショー専門に活動することを意味するといいます。

ざっくり言えば、

  • 競技会にもショーにも出るのが「アマチュア選手
  • アイスショーなどに出演するスケーターが「プロスケーター

これまで素人目線の筆者は、

羽生結弦選手がすでにプロだと思い込んでいましたが、

このような定義があったんですね。

出典:Twitter

羽生結弦選手が思い描く今後の活動とはどのようなものなのか?

指導者(コーチ)としての道は考えているのか?

最終目標の4回転半ジャンプへの挑戦の形は?

2022年7月19日の記者会見でどのような決意を発せられるのか期待です!


出典:東スポ

名前:羽生 結弦(はにゅう ゆづる)さん

▶生年月日:1994年(平成6年)12月7日
▶年齢:27歳(2022年7月時点)
▶出身地:仙台市泉区
▶身長:172cm
▶血液型:B型

— 学歴 —
▶出身高校:宮城県 東北高等学校
▶出身大学:早稲田大学人間科学部(通信教育課程)卒

— 経歴 —

  • 1998年 4歳からフィギュアスケートをはじめる
  • 2010年 シニア転向
  • 全日本選手権優勝6度 
  • ジュニア2冠、五輪、世界選手権、GPファイナル、4大陸選手権を制覇するスーパースラムを2020年に初達成
  • 2012年 カナダ・トロントを拠点に飛躍
  • 2016年 4回転ループ世界初成功
  • 2022年 4回転半初認定
  • SP、フリー、合計すべての世界歴代最高点樹立

まとめ

  • 羽生結弦選手は引退をなぜ決意した?理由は?
  • 羽生結弦選手 その後の活動予定はプロ転向?

と題しリサーチしていきました。

この記事でわかったこと

▶なぜ現役引退を決意?理由は? → プロ転向を決めたから
 2022年2月開催北京五輪頃から現役引退・プロ転向は視野に入れていた可能性がある
▶その後の活動予定はプロ転向し、

  • 競技会に出場しない
  • 「特別強化選手」だが、最上位の強化指定を辞退
  • 羽生結弦選手が座長のアイスショー創設の夢を叶える

羽生結弦選手が現役引退しプロ転向することで、また新たな羽生結弦選手伝説が生まれそうな予感がします!

羽生結弦選手の夢の一つであるアイスショー創設をはじめ、ますます応援していきたいですね♪

最後までお読み頂き、有難う御座いました。

タイトルとURLをコピーしました