【27卒、28卒】大学1~2年生向けインターンの探し方を詳しく解説!おすすめのアプリは?

就活をこれから始める大学生に向けてインターンの探し方を解説!

2022年6月に政府はインターンの採用選考活用を容認することを発表。

よって、27卒、28卒の就活ではインターンの参加経験が必須になります。

大学2年生からインターンに参加する人はかなり少ないので、この時期からインターンに参加することで他の就活生に差をつけることができますよ。

就活を有利に進めるためにも、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

そもそもインターンってなに?長期インターンと短期インターンとは?

  • インターンシップの略称
  • 学生が企業で働く体験を通じて仕事への理解を深める

1日以内で行われる「1dayインターン」。

1週間ほどで行われる「短期インターン」や3か月以上の「長期インターン」など開催期間によって色々な呼び方があります。

就活が本格化するまで時間のある学生は、インターンに参加する人が少ないです。

他の就活生に差をつけるためにも積極的にインターンに参加するのがおすすめですよ。

大学2年生向けのインターンを探したい人は、最初に逆求人サイトに登録するようにしましょう。

【PR】登録しておくだけでインターンのオファーが届くので、27卒の就活には必須。

プロフィールを入力すれば、企業からのオファーを待つだけで良いので就活がめちゃくちゃ楽になりますよ。

この記事では学生満足度3年連続1位の『dodaキャンパス』を紹介します。

dodaキャンパスは、登録しておけば、自分自身では知り得なかった企業からオファーを貰うことができます。

自己分析やエントリーシート、志望動機といった気になるトピックスに関するイベントも随時開催していますので、こちらもチェックしておきましょう!👇

スマホアプリで手軽に利用できますので、ぜひ活用してくださいね。

dodaキャンパスは大手・優良企業からオファーが届く!

dodaキャンパスには人気の大手企業から優良ベンチャー企業まで8,500社以上が参加するぐらい、かなり優良な企業な多いですね!

次のような企業からインターンのオファーが届くので、登録する価値がめちゃくちゃ高いですよ。

以下の企業一覧

  • ソニー
  • 資生堂
  • dokomo
  • 三井住友海上
  • 日産自動車
  • コニカミノルタ
  • JTB
  • 三菱自動車
  • 博報堂プロダクツ
  • 東京ガスネットワークなど

こんなにも有名な企業がズラリ並んでいます!

オファー受信率は99%と圧倒的!

【PR】登録学生は991,000人! 「自分に合った企業と出会える」オファー型就活サイト「dodaキャンパス」はこちらから登録できます👇

プロフィールをきちんと書くことでほぼ全ての人がオファーを受けることができます。

 

インターンシップの選び方は?

それでは、実際にどうやってインターンシップ先を探せば良いのでしょうか。ここでは具体的な探し方や情報の集め方をご紹介します。

就職情報サイト・アプリ

まずは、求人情報やインターンシップといった就職活動に関する幅広い情報を提供する就職情報サイト・アプリに登録しましょう。「おすすめアプリ紹介します」

特定業界に特化したものをはじめ、ベンチャー企業を中心としているものなど、媒体によってその特徴はさまざまです。インターンシップに特化したサイトやアプリもあるため、活用すると効率よくインターンシップ情報を探せます。

業種・企業規模・事業内容・プログラム内容・その他フリーワードなど、希望条件で企業やインターンシップを検索できるため、具体的な業界や企業が決まっていない人にも発見があるかもしれません。就きたい業種や職種が既に決まっている人は、特化型のサービスを利用すると効率的にインターンシップに向けて動けるでしょう。

インターンはどのアプリ登録すればいいの?

ここまで、インターンシップについて解説してきましたが、就活を始めるかどうか悩んでいる学生も多いでしょう。

ここでインターンでおすすめアプリなのが、スマートソンというアプリです。

PR】スマートソンで豪華なギフトがもらえる

スマートソンというアプリは、東大や京大、MARCHクラスの学生が登録できるハイエンドのインターン募集サイトです。

自身の興味や挑戦したい内容を登録すると、マッチしている企業とお仕事を取ることができます。

インターンの募集の他に、有料級の業界情報が1日5分でチェックできる就活に便利なサービスです。

スマートソンで使うメリット

・バイト時間でスキルアップ
・大手に通用する実績になる
・起業のための経験が積める
・長期インターンをしたいと考えてる人
・レベルの高い学生が登録
・優良企業と繋がりができる
一つでもいいなと思ったら、登録を検討するのもありですね!
ただ、デメリットとしては関関同立とMARCH以上の学歴がないと登録できない仕組みとなっております。

自らやりたいことを発信できる

学生のうちからマーケティングや営業スキルをつけたいと思っても普通のアルバイトでは難しいのが現状です。

しかしスマートソンでは自分がやりたい内容にマッチする企業に対し、スワイプでアクションできます。

大学1年生からインターンに参加して、就活に役立つ実績や経験を積んでおきたいな…という学生さんにはおすすめアプリとなっております。

PR】スマートソンで豪華なギフトがもらえる

大手企業の長期インターンを経験できる!

企業と条件がマッチすれば、長期インターンに参加することできます。

募集している企業のインターンでは裁量性のある仕事をどんどん任されます。

学生の時から難しい仕事に挑戦することで、「自分の力でやり遂げた!」という経験がたくさん積めます。

ちなみにこんな企業にも参加することができます。

 

インターンシップの時期は?

短期インターンシップは8月~9月、12月~2月などに開催され、長期インターンシップは、企業が求めるタイミングによって開催期間が決まります。

短期インターンシップに参加することで、企業をより深く理解でき、短期間でさまざまな企業を知れるなどのメリットを得られます。そして長期インターンシップのメリットとしては、報酬をもらいながら職業体験ができることや、就活の自己PRに活用できることなどが挙げられます。

就職活動で注意するポイントは?

就職活動で一番もったいないなぁと思うことは、「この業界には興味ないから」と決めつけてしまうことです。

自分はこの業界・企業しか行きたくない」と固執してしまうと、自分の視野を狭めてしまうため、インターンシップを選ぶ・参加する際には、業界や企業の選び方を押さえることも重要です。

インターンシップを選ぶとき、プログラムの内容や目的に基づいて選ぶ方法

実際の仕事現場を見学・体験するものや、ワークやプロジェクトを通じて仕事を模擬体験できるものなどがあります。

自分が体験したいことや得たいスキルや知識が明確な場合は、それに合ったインターンシップを選ぶのが良いでしょう。

明確な目的がなくても、さまざまなインターンシップ求人を見て自分が惹かれるプログラムが多数あれば、それらの共通点を考えてみるのも良いです。自分がインターンシップを通じて何を体験したいのか、何を学びたいのか、何を得たいのかを考えることで、最適な選択が見つかるかもしれません。

みんなの反応

タイトルとURLをコピーしました