【25卒】まだ内定なくても大丈夫?ここから内定もらうためにはどうすればいい?

▶トレンド

皆様就活お疲れ様です。順調に進んでいますか?

このように悩んでいませんか?今無い内定の状態で、焦る人も中にはいるでしょう。

  • 就活がうまくいかず、今の無い内定の状態から脱したい
  • すでに周りの友達は内定をもらっているのに、自分だけまだ内定がない……
  • 内定をもらえる人ともらない人の特徴ってどこに違いがあるの?

ただ、無い内定の人には共通で当てはまる原因があるため、原因別に対策していくことで内定を得る確率をぐっと上げられます。

内定率や就活状況がどうなってるのか?また、内定ない人は今からどうすれば終活することができるのか?解説していきます。

内定率が6割近くに より早い時期に内定の取得

就職情報会社の調査によると、4月1日時点での内定率は6割近くに。内定の取得や辞退がより早い時期に進む傾向がみられるということです。

※以下、リクルート「就職プロセス調査(2025年卒)」より

就活の早期化 さらに加速

調査結果によりますと、25年卒の大学生の就職内定率は、4月1日時点で58.1%。前年の同じ時期を9.7ポイント上回りました

現在の選考スケジュールになった2016年以降(17年卒)で最も高い水準となっています。

リクルートの調査結果を基に作成

就職活動は年々早期化していますが、ことしはさらに進んでいます。

背景には、人手不足に悩む企業の間で必要な人材を得ようとする競争が激化していることや、去年の採用で十分な人数を充足できなかった企業が早期に選考を始めていることなどがあるとみられます。

内定の取得・辞退がより早い時期に

複数の内定を得た学生の割合も増えています。

内定を取得した学生に「何社の内定があるか」尋ねたところ、平均は2.02社で、前年の同じ時期を上回りました。

このうち「2社以上から内定を得た」という学生は、前年より3.3ポイント増えて50.8%と、半数を超えました。すでに「6社以上から内定を得た」学生も3.2%いるということです。

一方、「何社の内定を辞退したか」を尋ねたところ、「1社」が21.7%、「2社」が8.3%と、どちらも前年を上回っています。

最も多かったのは「0社」の65.6%でしたが、こちらは前年を下回りました。

内定を取得・辞退するタイミングがより早まっているようです。

まだ内定ない人でも焦らなくて大丈夫ですよ!

この記事を読めば、なぜあなた自身に内定がないのかわかり、無い内定から抜け出すための対策や行動ができるようになりますよ。

内定を複数持っていても、結局はその中から1社しか選べません。今無い内定の人は、納得できる1社から内定を得ることを目標に、就活に取り組んでいきましょう。

 

無い内定の人とすでに内定を持っている人の違いは?

無い内定の人とすでに内定を持っている人の違いは、どこにあるのでしょうか?

無い内定の人によくある特徴と、その対策を9つ紹介します。

  • 自己分析が不足している
  • 企業研究が足りない
  • 自己PRやガクチカ、志望動機の内容が不十分
  • グループワーク・グループディスカッションの対策ができていない
  • Webテスト対策ができていない
  • 面接対策ができていない
  • 受ける企業が少ない
  • 大手ばかりにこだわっている
  • 最低限のビジネスマナーができていない

内定を持っている人との差を埋めていけば、内定獲得に近づきますよ。

では、それぞれ解説します。

1.自己分析が不足している

無い内定である特徴の一つに、自己分析の不足が挙げられます。

特に一次面接で面接官は、あなたの人柄や魅力を知りたがっているため、さまざまな角度からあなたの価値観や考え方を尋ねて来ます。

しかし自己分析が不足していると、回答がしどろもどろになってしまい、評価が下がり、お見送りになってしまうのです。

また、自己分析が甘いことで就活の軸がブレてしまい、その業界・企業を選んだ理由や魅力的な志望動機が伝えられず内定につながりません。

対策:面接でよくある質問の回答を準備する

対策としては、面接でよくある質問の回答をあらかじめ想定して、しっかり回答できるよう準備しましょう。

そのためには、自己分析をしっかり行わなければなりません。回答をまとめるときは、自分のどんな点が強みで、会社でどう活かせるのかを盛り込み、自分を雇うメリットを具体的に伝えましょう。

ポイント

  • 長所を3つエピソード作る
  • 弱みや短所は、面接官によってマイナスにならないか?
  • 求めている人物像は当てはまってるか?

長所や強みを3つぐらい探して、エピソードを作っておきましょう。面接官に好感持たれやすいのは、「継続力」「好奇心」「誠実さ」です。

継続力

継続力がある人は、この会社に長く活躍してくれるだろうと思うのです。

企業は、早く辞められるのが一番困ります。なので、何かに継続力に長けてる人は、好まれるケースが多いです。

例えば、「アルバイトで居酒屋で3年アルバイトしていました。3年間続けてこれたのは、周りも従業員と協力してお客様の期待に応えたいという気持ちがあったからです。」とかのエピソードは強いと思います。

好奇心

好奇心旺盛な人は、さまざまなことに挑戦する、行動力があり向上心や積極性が高い人物であると評価され、魅力的な人間であるという風に評価されることが多いです。

企業というのは利益を上げることが最優先とされますので、行動力がある人は入社後高く評価される傾向にあります。

面接官は、ネガティブな思考の人よりポジティブな人の方が印象がいいとよく聞きます。

理由は、失敗しても切り替えて新しい取り組みができるからです。行動力のある学生さんの方が魅力伝わるので、そのエピソードを持ってる人は存分に生かしてほしいですね。

誠実さ

誠実な人が1番企業にとってほしい人材です。

誠実な人はどんな特徴持ってる人なのか?

  1. 嘘をつかない人
  2. 真面目な人
  3. コツコツと努力ができる人
  4. 真摯に仕事を取り組める人
  5. 素直な人

まじめ」という強みは、どのような業界においても一定の評価をされる傾向があります。
「コツコツ地道に取り組む」「メリハリをつけて集中する」「全てにベストを尽くす」「要求されたことのプラスαを考える」など、課されたミッションに対してどのような向き合い方をするのか知ることで、自社の企業文化や仕事の進め方などにマッチしているかを判断しているでしょう。

面接で大事なポイントは、「どのような相手と」「どのような場面で」「どのようなスタイルで」「どのようなことを心がけて」など、スキルの要素を細かく分解し、具体的なエピソードを交えて記載しましょう。

そうすれば、読み手は入社後の活躍のイメージを描くことができます。

自己PRの際には、まじめさの裏付けとなるエピソードを通じて「ミッションを達成するにあたって、どのようなことを重視したのか」「どのような意識を持って取り組んだのか」「自分だからこそ達成できたことは何か」まで伝えることが大事です。

 

成果を挙げる能力があることを伝えると同時に、自身が発揮できる付加価値までアピールすれば、より評価につながりやすいでしょう。

 

PRキャリアチケットで5つの質問で就活の軸を診断してくれます!自己分析結果から企業のスカウトが届くので働きたい場所が見つかるかも

自己分析を徹底するならキャリアチケットがおすすめ!👇

2、企業研究が足りない

自己分析が完璧にできた場合、次にやるべきことは企業研究です。

企業研究が足りない点も、無い内定の人によくある特徴です。

書類選考や面接では、熱意を確認するため「自社のどの点に興味を持ったのか」「自社についてどれくらい調べてきているか」などを聞く質問が来ます。

企業研究が足りていないと、明確に答えられず「志望度が低そう」という印象を持たれてしまいかねません。そのため、企業研究が不足していると内定に結びつきにくくなってしまうのです。

企業分析の仕方

  1. 企業説明会などのイベントに行く

  2.  OB訪問に行く

企業説明会などのイベント

企業説明会ではわかりやすく企業の説明を聞けるほか、現場社員のお話など、会社の雰囲気も知れます。

Webでは得られない情報も得られるので、志望度の高い企業には参加するようにしましょう。

本選考解禁以降に説明会を詰めすぎるとESに割く時間がなくなってくるので、早めに説明会に参加するのがおすすめです。

たとえば合同説明会は3年次の夏から始まるので、余裕を持って企業研究に取り組めます。

高学歴向けの合同説明会や業界に特化したあるので、どのような合同説明会があるのかチェックしてみてください。

近年はWebで配信される説明会もあり、地方に住んでいる就活生でも参加しやくすくなっているので積極的に情報を集めましょう。

OB訪問

OB訪問では、1対1でじっくりと企業のことを知る有益な機会です。

企業説明会は限られた時間の中で参加者全体に向けた説明がメインですが、OB訪問では自分が聞きたいことを聞けます。

本当に自分が抱いているイメージが正しいのか、自分に合った会社なのかを確認できるので、「こんなはずじゃなかった! 」というミスマッチを防げます。

志望度の高い企業ではOB訪問をして、一次的な情報を得るようにしましょう。

内定ない人は、ABABAがおすすめ!

そして就活サイトの中でも、不採用通知がスカウトに変わり効率的に企業選びができるABABAを利用して就職をする人も多いです。

でも、ABABAを利用するにあたって不安に思うことはないでしょうか?

  • どのようなサービスなのか
  • 自分に合う求人を紹介してくれるのか?
  • サービスの流れはどんな感じか?
  • 利用した人の評判が見たい
  • 自分のアピールポイントがわからない
  • 本当はどの企業が良いのかわからない

こんな不安はないですか?

ABABAのサービスの特徴や、サービス利用がおすすめな方、サービスのメリットデメリット、利用者の口コミなど確認しておくべきポイントを解説していきます。

ABABAを利用して、自分にぴったりの企業への就職を実現しましょう!

\ 【PR】お祈りメールがスカウトに変わる /

ABABA

ABABAとは?どんなアプリ?

ABABAとは、これまでの最終面接まで進んだことが評価される仕組みになっていて、最終選考の履歴を登録することで企業からスカウトを貰うことができます。

利用はオンラインで利用することができ、2万名以上の就活生が利用しています。

利用料が無料なので費用負担なく企業選びの選択肢を増やすことができます。

ABABA(アババ)は就活の過程を活かしスカウトに変えたい人に利用がオススメです。

\ 【PR】最終面接に行った人のみ使える選考フロー /

ABABA

ABABA使うメリットは?

メリット
  • お祈りメールがスカウトに変わる
  • 94%のスカウトがESや面接が免除
  • 平均25通のスカウトが届き効率的
  • 利用料が無料で費用負担なく企業選びの選択肢を増やせる

祈りメールがスカウトに変わる

ABABAは、これまでの最終面接まで進んだことが評価される仕組みになっています。

最終選考の履歴を登録することで、それを見た企業からスカウトを貰うことができます。

これまでの就活の実績を活かすことができ、効率的に就職活動をすることが可能です。

94%のスカウトがESや面接が免除

登録企業は大手からベンチャー企業まで幅広く800社以上あり、サービス利用者は平均25通のスカウトが届いている実績があります。

ESや一次面接などの選考カットのスカウトが94%で、効率的に多くの企業と出会うことができスムーズな就活をすることが可能です。

2万名以上の就活生が利用中

サービス利用者は2万名以上の就活生が利用をしています。

多くの就活生に利用されている実績があり、安心して利用が可能です。

800社以上の企業が登録

ABABAの登録企業は800社以上あり、企業数は年々増加傾向にあります。

大企業からベンチャー企業まで、幅広い業種・職種の企業があり、優良企業の登録が多数あります。

平均25通のスカウトが届き効率的

サービス利用者は平均25通のスカウトが届いている実績があります。

自分のプロフィールを見た企業からスカウトが届くので、効率的にミスマッチが少ない企業を選ぶことができます。

94%のスカウトがESや面接が免除

ABABA経由で届くスカウトの94%がESや一次面接などの選考カットのスカウトです。

効率的に多くの企業と出会うことが可能で、スムーズな就活をすることが可能です。

市場価値に合う企業がわかる

多くのスカウトが届くことで、自分の市場価値を認識することができます。

届いたスカウトから自分にピッタリの企業を選ぶことで、市場価値に合う会社で仕事をすることができます。

スカウトやメッセージはLINEに届くので見逃しがない

企業からのスカウトやメッセージはLINEに届くので見逃すことはありません。

いつどこにいてもLINEですぐに確認したり、即返信をすることができます。

利用料が無料で費用負担なく企業選びの選択肢を増やせる

利用料が無料なので費用負担なく企業選びの選択肢を増やすことができます。

ABABAはこんな人がおすすめ!

こんな人にABABA(アババ)がオススメ!

  • 最終面接がなかなか通らない
  • 効率的に優良企業に出会いたい
  • LINEで効率的に就活をしたい
  • 市場価値に合う企業からスカウトが欲しい

ABABA(アババ)の利用がオススメな人は、優良企業から選考カットスカウトを受け取りたい就活生です。

口コミは?実際に利用した声

月以降大手からスカウト結構くるみたいです

低学歴(大東亜帝国)の私でも選考フローカットのスカウトが沢山来るし、普通に企業のレベルが高かった。しかもLINEで全てが完結する

ABABAに登録すると超効率的に難関企業の内定を取れます。

ほとんどが選考カットのスカウトが届く

確かに、最終面接までいったことが無駄にならないのは、就活生にとってとても魅力的なサービスだと思います

選考スキップのスカウトが届きます

いきなり最終面接のスカウトも届くことがあるので登録必須!

最終面接のお祈りメールを出すと、努力と優秀さが認められて他社の選考フローをカットして貰えたりスカウトが来る

最終面接のお祈りメールを出すと、努力と優秀さが認められて他社の選考フローをカットして貰えたりスカウトが来る。 去年の今頃、最終面接で落ちて、また1からエントリーするのが辛すぎた時に、エゴサして見つけたサービス😢
もっと広がればいいのに!!

ABABA(アババ)公式サイト

ABABA(アババ)の登録方法を解説!

ABABA(アババ)は完全無料で利用することができ、会員登録後にすべての転職支援サービスを利用することができます。

メールアドレス・氏名・フリガナ・ABABAをどこで知ったか・卒業年度を入力

メールアドレス・氏名・フリガナ・ABABAをどこで知ったか・卒業年度を入力

ABABAの利用方法②最終面接まで進んだことがわかる資料を提出する

ABABAの登録方法2つ目は、最終面接まで進んだことがわかる資料を提出すること。

新規登録した後は、最終面接まで進んだことがわかる資料を提出しましょう。

LINEにメッセージが届くので次の情報を登録してくださいね。

  • 最終面接まで進んだ企業名
  • 最終面接までの選考フロー
  • 最終面接まで進んだことがわかる選考案内や選考結果メールのスクショ

登録が完了したら、スカウトが届くまで待つだけでOKです。

ABABAの利用方法③スカウトが届いたら興味のある企業の選考を受ける

ABABAの登録方法3つ目は、スカウトが届いたら興味のある企業の選考を受けること。

スカウトはLINEに届きます。

メッセージが届いたら、内容を確認してくださいね。

興味のある企業なら積極的に選考に進むようにしましょう。

選考フローがカットされたスカウトが届くので、内定を獲得しやすいのがポイントですね。

まとめ|「ABABAは怪しい」というのはウソ!

この記事ではABABA(アババ)の評判を詳しく紹介してきました。

  • 最終面接の経験が武器になる
  • 新しい業界を知れて視野が広がる
  • 就活のがんばりが評価される
  • 大手の持ち駒が増える
  • お祈りメールが他社の選考カットにつながる
  • めっちゃスカウトがくる
  • 有名企業からのスカウトも多い
  • 自信を持って面接に挑める

ABABAは怪しい!」という評判はありませんでしたので、安心して利用できます。

最終面接までの努力を活かしたい就活生はぜひ活用して、自分に合った企業から内定を獲得してくださいね。

【PR】アプリはこちら👇
ABABA

みんなの反応

  1. Adriana.O より:

    I was reading some of your content on this internet site and I think this
    internet site is rattling instructive! Keep on posting.Money from blog

タイトルとURLをコピーしました